運営計画を詰める

任意整理というものは一般には借金の整理というふうに言われておりおのおの債権者に対し借金の返済を続けることを前提とした借金を整理していく手順となります。

 

普通の手続きですが、司法書士の資格者もしくは弁護士の有資格者貸方と借り手の仲介役として話し合い法律に照らして利息の引き直しを行い一から計算した借入金の元金についての借入利息を減らす形で36か月程度の期日をめどに返済をしていく借金整理の順序です。

 

この場合は裁判所等をはじめとする公的機関が口出ししないためにこれとは異なる手続きと比較すると採用した際における不利な点がほとんどなく方策自体が依頼者にとって問題にならないので、ここから比較検討していただきたいやり方といえます。

 

債権を持つものがサラ金業者などのとても高い年利ならば利息に関する法律で決まっている利息を超えて渡した金利分については借入元金に適用すると考えて借りたお金の元金自体を少なくすることだって可能です。

 

だから、サラ金といったとても高い借入金利のところへある程度の期間返済している場合だと利息分を減らせる場合もあり、10年近く返済し続けている例では元金そのものが消滅する可能性もあります。

 

任意の整理のメリットを挙げると破産宣告とは異なりある部分のみの借金だけを整理していくことができるため、他の保証人が関与している負債以外だけを整理する時やクルマのローンを別として処理したい場合等でも検討することもできますし、資産を処分してしまう義務がないため、住宅などの財産を持っているものの、放棄してしまいたくない場合などでも活用可能な債務整理の手順です。

 

ただ、手続き後返済が必要となる額と実際としての所得額を検討しておおむね返済の計画が立つようならば手続きを進めていくことは問題ありませんが、破産とは異なって返済義務が消えてしまうのではありませんので負債の総量が多い場合においては、現実問題として任意整理で手続きを踏むのは困難になるということがいえるでしょう。

 


次の記事も読んでね!!

  1. 運営計画を詰める
  2. テスト