弁護士事務所貸し手

任意整理という言葉はよく借金整理とも言われていて、おのおの貸方に対して返済を行うことを前置きとした債務の整理の手だてのことです。

 

その手続きですが司法書士事務所もしくは弁護士事務所貸し手と債務者との中に立って話し合い、法に従って適切な利息計算を行って一から計算しなおした借りたお金の元金の借入金利を削ったことによって3年前後の期間内で返済をしていく借金の整理の方法です。

 

任意による整理はいわゆる裁判所等の公の機関が口出しすることがないのでそれ以外の処理と比べると選択した際のデメリットとなる点が最も小さく手続き自体も依頼人に最もストレスになりませんので、まず最初に比較してほしい対策となります。

 

さらに、貸し手がサラ金のように高い利子の場合、法律が許している利子を超えて支払った利息にあたっては借りたお金の元金に適用できるとみなされ元金それそのものを減らすこともできてしまいます。

 

なので、消費者金融といったような高額な利息を取る業者へある程度の期間返済を続けている例では期待以上のお金を減額できる可能性もありますし10年以上続けて返している場合には負債自体が消滅するような場合もあります。

 

債務整理の利点ですが自己破産と違い一部の負債だけを整理することができますので他の連帯保証人が関与している負債額以外だけを手続きをする際や住宅ローンの分以外で検討したい場合なども活用することができますし、全ての財産を放棄してしまうことが求められていないため、土地などの自分名義の財産を持っているけれど処分したくない場合などでも活用可能な債務整理の手続きになります。

 

ただし、これから返済が必要となる額と収入額をかんがみて返済の計画が立つようであれば任意での手続きで進めることが可能ですが、破産のように返済義務自体が消えてしまうのではありませんので借金の額が多いような場合は、実際的には任意整理にての選択をするのは容易ではないと考えるのが無難でしょう。