ミノキシジル系育毛剤の効果と特徴

ミノキシジルは、高血圧の改善を目的としてアメリカで1960年代に開発された成分です。

その後、脱毛症の改善に効果が確認された事から育毛剤として使用されるようになっています。

現在でも発毛促進という部分に関しては、最も期待できる成分と認識されています。

ミノキシジルの発毛促進作用については、完全に解明されたわけではありません。

血管を拡張する事による効果であれば、他の高血圧の治療薬でも同様の現象が見られるはずですが、発毛促進作用が確認されているのはミノキシジルだけだからです。

このために、頭髪の成長に関与している毛乳頭と毛母細胞を活性化する事による効果と考えられています。

ミノキシジルが配合されている育毛剤は、現在では様々な国で製造されています。

これらのミノキシジル系育毛剤の特徴は、特に頭頂部の薄毛に効果を発揮する事です。

ホルモンに対しての作用はないので、生え際の薄毛に対しては頭頂部の様な効果は期待できません。

また、女性の薄毛に対しても効果的であり、含有率を低めた女性用のミノキシジル系育毛剤も販売されています。

生え際に効く育毛剤について